topimage

2017-11

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 - 2017.06.22 Thu

今年も残すところ、あと6カ月ちょい。
齢を重ねるごとに日々の過ぎるスピードが早くなってきますよね、、。(遠い目)

話は変わって、梅雨のこの時期の奈良公園周辺では意外にもたくさんのイベントが催されています。
ならムジークフェストやオクトーバーフェストを毎年楽しみにされている方も多いでしょうし、
イベントではありませんが、東大寺から二月堂に至る道中で見ることのできる通称『大仏蛍』が
今まさにピークだそうで、その帰りに寄って下さるお客様も今年も数組いらっしゃいました。

そして、スマガザンのある奈良きたまちエリアでは、7/7(金)~7/13(木)の一週間にわたって
きたまちweekが開催されます♪
スマガザンも【きたまちモザイクプレート】と言う企画に参加していますので
興味のある方はこちらをご覧ください👉👉👉http://kitamachiweek.com/index.html

最後にこの時期恒例の(⁇)ボトルワインセール始まってます☺︎
ブログにログインできなくて告知が遅れて申し訳ありません。

ボトルワインセール

期間:2017年 6月16日(金)~7月17日(月・祝)

店内でお飲み頂くボトルワイン、高いワインほど割引率アップでお得!!
デイリーに飲むのはちょっと高めなワインや、前から試してみたかったワインなど、是非この機会に!

又、余ったワインはお持ち帰りいただけますので、
「1本全部あけるのはちょっと、、」という方も安心してお飲みください★
お昼でも、カフェの時間にも、どうぞご利用ください。

さらにさらに!!
次に来店いただいた時にお飲み頂くワインをお取り置きしていただけます!!
取り置き分のお支払いは、もちろんセールの価格で、次回来店時となります。
(お取り置きの有効期間は3カ月間とさせて頂きます。)

ワインの割引率は、
2500円~   5% off
4000円~  10% off
4500円~  15% off
5000円~  20% off
5500円~  30% off

例えば、6000円のワインは、4200円に!
5000円のワインは、4000円になりますよ~!!


キープだけしに来ていただいて後日ご来店も大丈夫ですのでお気軽にどうぞお立ち寄りください。

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

http://cemagasin211.blog.fc2.com/tb.php/418-3ab730d3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |  » シャンペンとフレンチポテトフライ延長します!

プロフィール

きたまち ce magasin

Author:きたまち ce magasin
“がっつり食べてガブガブ飲む”
当店は異国情緒溢れる店内でフランス郷土料理を中心に、スパイスやハーブを使った料理をお楽しみ頂けるワイン食堂です。
『大好きな人達と過ごす素敵な時間のお手伝い』をモットーとしております。


住所:〒630-8214
奈良市東向北町21-1
松山ビル1階 奥
電話:0742-26-7662
定休日:月曜日
営業時間:
ランチ  11:30~14:00(L.O)
ディナー 17:00~21:00 入店まで
カフェ  11:30~21:00 入店まで

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

お知らせ (91)
DEJEUNER (3)
DINER (2)
コース料理 (10)
パーティープラン (2)
きたまち (15)
日常の出来事 (13)
twitter (232)
私達の農園 (1)
開業日記 (8)
未分類 (4)
brasserieって? (1)
CAFE (3)

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスカウンター

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

GoogleMaps

お店の場所です。 近鉄奈良駅1番出口からでて、 東向北商店街を徒歩1分。 カトリック教会の手前、 右手に見えてきます。

少しわかりずらいですが、 松山ビル (ブティックが手前にございます) の半地下に 入り口があります。

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

検索フォーム

RSSリンクの表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。